水回りのリフォームをして快適な空間を手に入れよう

早期に修理を行いましょう

家の模型

止水栓の場所を確認しよう

トイレや台所、浴室など蛇口の付いている水周りには水漏れのリスクが潜んでいます。長い間メンテナンスを怠ったままにしておくと、蛇口やパイプの付け根から水漏れが生じていきます。始めのうちは時々漏れる程度の状態から、常時流れ続ける状況になると緊急の修理が必要になります。水漏れを発見をしたら、まず最初に止水栓を止めましょう。洗面台の蛇口は下部のパイプにハンドルが付いています。家屋の大元の水の流れを止めるためには水道局員が定期的に確認に来ているメーターボックスの中にあります。マンションなど集合住宅の場合、一般的にはガス管や水道管が収納してある玄関周りの場所にメーターボックスがあります。止水栓を止めることで家屋に与える被害を最小限に食い止めてくれます。この段階で水道修理業者へ連絡をしましょう。事前にどの部位から水漏れしているのか尋ねられる場合があります。可能であればその個所を特定しておくと業者が修理方法をあらかじめ推測することができ、必要なパーツを持参することができます。蛇口からの水漏れの場合、内部に入っているパッキンの劣化の場合が多く、ネジやナット部分が錆びて水漏れが生じる例もあります。中には亀裂が入っていて蛇口そのものを交換しなければならない事もあり、業者の確認が済むと修理方法の説明をしてもらえます。浴室の混合栓やトイレタンクからの水漏れはさまざまなパーツが必要になるためすぐに対応できない事もあります。予め型番などを伝えておくと修理がスムーズに行うことができます。