水回りのリフォームをして快適な空間を手に入れよう

お得な改造

婦人

リフォームの現在の取り組み

最近はリフォーム工事がはやっています。これは何も新築住宅だけでなく中古住宅のリフォームも流行っています。 かつては住宅が老築化したらリフォームするよりもいちど壊して再建築することが多かったのです。これは木造住宅の柱が30年で寿命が来ると言われていたからです。ところが最近は木造住宅の寿命は50年以上とも言われています。つまり20年程度で建て替えるよりもリフォームをした方が価格も安いし、資源を無駄遣いしないと言う意味で時代に合っているのです。 現在は空き家が多く中古住宅も安くなっているため中古住宅リフォームして住む人が増えています。今まで新築中心の営業をしていたハウスメーカーも徐々にリフォーム産業へと参入してきたのです。

それを利用するにはどうしたらいいか

では、住宅をリフォームする場合はどこに依頼すればいいのでしょうか。 1つはハウスメーカーです。ハウスメーカーは全国規模のところも多く信頼できる会社が多いのがメリットです。しかし、リフォームをする場合下請けに依頼することが多く、その結果顧客は中間マージンも支払わなくてはいけないため割高感が否めません。 これに対して、工務店に依頼するという方法もあります。工務店に依頼する場合は、地元密着型であることが多く、割と細かい要望も聞き入れてくれます。ただし、リフォーム会社と比べるとその規模が小さいために、幅広く工事を行うことができないという欠点もあります。工務店の場合多くは小規模経営ですので、それぞれに強みを持っており、専門分野を生かした建築が得意なのです。